2018年1月13日土曜日

Azure Stack Development Kit 20180103.2の登録でハマったところだけ書いておく

「Azure サブスクリプションを使用した Azure Stack の登録」の記載内容がちょっと古くて慌てた件(ドキュメントは英語版を見ましょう~)
と、
PowerShellの実行ポリシーを変えたつもりがちゃんと変わってなくて焦った件。

まずは、PowerShellの実行ポリシーを変えたつもりがちゃんと変わってなくて焦った件。
Azure を使用した Azure Stack の登録の項番6で
Import-Module .\RegisterWithAzure.psm1
を実行できないので、


PowerShellの実行ポリシーを変えます。
が、エラーです。


いろいろ調べたところ、スコープがあるそうです。>知らんかった(^^;

良記事があったので、引用させてもらいます。
PowerShell の Set-ExecutionPolicy 設定時のスコープ対処
この記事にある通り、「変更しようとしたスコープよりも低いスコープで制限されている」に該当していました。
確かに、スコープで実行ポリシーが違います。

LocalMachineスコープは変わっているけど、ProcessスコープはRemoteSignedのまま、これがエラーの原因。

なので、Processスコープを対象に実行ポリシーを追加で変更します。

PowerShellモジュールのインポートにようやく成功。


「Azure サブスクリプションを使用した Azure Stack の登録」の記載内容がちょっと古くて慌てた件(ドキュメントは英語版を見ましょう~)
Azure を使用した Azure Stack の登録の項番7でAdd-AzsRegistrationを実行するとエラーです。。。


英語版のRegister Azure Stack with your Azure Subscriptionと見比べていると、コマンドレットが違っていることに気づく。。。
Add-AzsRegistrationはなくなって、Set-AzsRegistrationを代わりに使うようです。
※Import-Module .\RegisterWithAzure.psm1 で -Verboseオプション使うと「どういうコマンドレットが使えるか表示できる」のでおススメです。

ということで、登録完了できました。


2018年1月8日月曜日

System Center OM 1711 のセットアップその2

System Center OM 1711 のセットアップに必要な準備とインストールです。
サービスアカウントは既にSC 2016 OMで使っている4アカウントをそのまま利用します。(利用できました)

構成サービスとアクションアカウントは、ローカル管理者グループに入れます。


データウェアハウス用のデータリーダーとデータライターアカウントをSQL Serverへログインできるように設定



Report Viewer 2015の前提条件であるSystem CLR Typesをインストール





Report Viewer 2015をインストール





Webコンソール用の役割と機能をインストール





上記をGet-WindowsFeatureでリストアップ
Display Name Name Install State
------------ ---- -------------

[X] Web Server (IIS) Web-Server Installed
[X] Web Server Web-WebServer Installed
[X] Common HTTP Features Web-Common-Http Installed
[X] Default Document Web-Default-Doc Installed
[X] Directory Browsing Web-Dir-Browsing Installed
[X] HTTP Errors Web-Http-Errors Installed
[X] Static Content Web-Static-Content Installed
[X] Health and Diagnostics Web-Health Installed
[X] HTTP Logging Web-Http-Logging Installed
[X] Request Monitor Web-Request-Monitor Installed
[X] Performance Web-Performance Installed
[X] Static Content Compression Web-Stat-Compression Installed
[X] Security Web-Security Installed
[X] Request Filtering Web-Filtering Installed
[X] Windows Authentication Web-Windows-Auth Installed
[X] Application Development Web-App-Dev Installed
[X] .NET Extensibility 3.5 Web-Net-Ext Installed
[X] .NET Extensibility 4.6 Web-Net-Ext45 Installed
[X] ASP.NET 3.5 Web-Asp-Net Installed
[X] ASP.NET 4.6 Web-Asp-Net45 Installed
[X] ISAPI Extensions Web-ISAPI-Ext Installed
[X] ISAPI Filters Web-ISAPI-Filter Installed
[X] Management Tools Web-Mgmt-Tools Installed
[X] IIS Management Console Web-Mgmt-Console Installed
[X] IIS 6 Management Compatibility Web-Mgmt-Compat Installed
[X] IIS 6 Metabase Compatibility Web-Metabase Installed
[X] .NET Framework 3.5 Features NET-Framework-Features Installed
[X] .NET Framework 3.5 (includes .NET 2.0 and 3.0) NET-Framework-Core Installed
[X] .NET Framework 4.6 Features NET-Framework-45-Fea... Installed
[X] .NET Framework 4.6 NET-Framework-45-Core Installed
[X] ASP.NET 4.6 NET-Framework-45-ASPNET Installed
[X] WCF Services NET-WCF-Services45 Installed
[X] HTTP Activation NET-WCF-HTTP-Activat... Installed
[X] Windows Process Activation Service WAS Installed
[X] Process Model WAS-Process-Model Installed
[X] Configuration APIs WAS-Config-APIs Installed

ダウンロードしたSystem Center OM 1711を解凍






レポーティングサービスの構成を確認



解凍したSystem Center OM 1711をセットアップ



コンポーネントは全インストール


インストールパスはEドライブに


[Next]ボタンをクリック


管理グループを設定し、[Next]ボタンをクリック


ライセンス条項にチェックし、[Next]ボタンをクリック


Operations Manager DBの設定、[Next]ボタンをクリック


データウェアハウスの設定、[Next]ボタンをクリック


レポーティングサービスの設定は既定値のままとし、[Next]ボタンをクリック

と思ったら、エラー

SQL Server Agentを自動起動にして、開始


これでレポーティングサービスの設定が可能になります

Webコンソールの設定は既定値のままとし、[Next]ボタンをクリック


Webコンソールの認証方式は既定値のままとし、[Next]ボタンをクリック


4アカウントをサービスアカウントとして設定、[Next]ボタンをクリック


[Next]ボタンをクリック


サマリーを確認し、[Install]ボタンをクリック


20分ほどでインストール完了


管理コンソール起動。


管理画面に項目が増えているので、新機能のおさらいとともに確認してみます。