2017年6月24日土曜日

Update Rollup 3 for System Center 2016 Virtual Machine Managerを適用してみた

Update Rollup 3 for System Center 2016 Virtual Machine Managerです。
1か月ほど前に確認していたのですが、遅まきながらブログに書き留めておきます。

今回は、Update Rollup 3 for System Center 2016 Virtual Machine Managerに記載ある手動で適用しております。
Update Catalogにアクセスして、ファイルをダウンロードしました。
※使わない気もしましたが、32bit版の管理コンソールもダウンロード済みです。


ダウンロードしましたら、一つ一つ解凍して中にあるMSPファイルを取り出します。

以下の通り、VMM Serverと64bit版管理コンソールを用意します。


MSPファイルをmsiexecで適用します。


VMM Serverは、下記の通りサービスを止めて適用するか、再起動するかを選択できます。
※今回はサービス止めて適用を選んでいます。


管理コンソールにもMSPファイルを適用して、一件落着。


VMMエージェントの更新もしておきます。
※こちらは日本語版の画面となります。


エージェントの更新対象を選んで、[エージェントの更新]を選びます。


ドメイン管理者の実行アカウントを選択します。


実行完了をジョブ画面で確認します。


ファブリックの画面でも、エージェントの更新を確認できました。


続いて、SCOMに管理パックをインストールします。
※PROでの連携確認を引き続き行うかもしれないので。

追加で、管理パックのインポートウィザードを進めます。


VMMの管理パックは、VMMのインストールフォルダー配下の"ManagementPacks"にあります。
これをすべて選択します。


依存性の解決が必要です。


上記画面で、[Resolve]をクリックすると下記の画面が出ます。
ここで、[Resolve]ボタンを押し、不足している管理パックを追加していきます。



依存性が解決できたので、[Install]ボタンを押して、インポート開始。


セキュリティ警告が出ていましたので、下記ダイアログが表示されます。こちらは、[Yes]ボタンを押しておきます。


無事にインポート完了。


Interact 2017 セッション資料 「Monitoring あれこれ」を公開します。

Interact 2017 セッション資料 「Monitoring あれこれ」を公開します。

セッション時とスライドの順番、記載誤りを訂正しております。

2017年6月3日土曜日

System Center Configuration Managerの冗長構成

branchリリースになってますが、日本語化された情報がありますね~

※いずれdocs.microsoft.comになって、当該記事からも一部リンク切れしそう。。。

System Center Configuration Manager の高可用性サイト データベースの SQL Server AlwaysOn
によると「プライマリ サイトと中央管理サイト」でAlwayOnをサポートします。AlwayOn可用性グループは、いくつか考慮しておく条件があります。
実際にサポートされるSQL ServerバージョンがSystem Center Configuration Manager のサポートされている SQL Server バージョンに記載されており、「プライマリ サイトと中央管理サイト」のSQL Server冗長構成も合わせて載っています。 AlwaysOn可用性グループ以外に、クラスター、複数インスタンスなどが採用できます。
末端となるセカンダリサイトは、SQL Serverの冗長構成はとりません。

SCCM自体は、サイトの階層化を使うため、冗長構成はとり易いですね。
System Center Configuration Manager のサイト階層の設計
System Center Configuration Manager のサイズとスケールの数
System Center Configuration Manager の高可用性オプション
System Center Configuration Manager の推奨ハードウェア

System Center 2016自体の冗長構成

必要になったで、まとめておきます。
※SQL Serverは、別稿でまとめてますので、そちらを参照ください。


ここまで書いてSCCMをまとめてないですね。。。

2017年5月28日日曜日

System Center 2016 Operations Manager Update Rollup 3を適用してみた

Update Rollup 3 for System Center 2016 Operations Managerがリリースされたので、適用します。

今回は、Windows Updateで検出されたました。


適用後は再起動です!

データベース更新用のSQLスクリプトを実行します。今回もデータウェアハウスDBは無しです。



Update Rollup 3の管理パックをインポートします。


が、すべてインポート済みのようです。今回ここは省略できそうですね。


System Center Management Pack for UNIX and Linux Operating Systemsに基づいて、Linux用管理パックも更新します。
ダウンロードして、展開しておきます。








System Center Management Pack for UNIX and Linux Operating Systemsをインポートします。





Linuxエージェントをアップグレードします。これは、System Center Management Pack for UNIX and Linux Operating Systemsのインポート前でもよかったですね。。。
バージョン確認したら、変更ないのです。作業不要でしたが、久しぶりに手動アップグレードしてみます。




以上です。

2017年5月27日土曜日

Unsupported VM configuration と Unsupported Cluster Configuration

Unsupported VM configuration と Unsupported Cluster ConfigurationがSC 2016 VMMでも出ていまして、


解決方法を探していました。
Unsupported VM configurationは、比較的簡単な方法だったのです。。。
Unsupported VM configuration.

Unsupported Cluster Configurationも解決方法を見つけました。が。。。
Troubleshooting ‘Unsupported Cluster Configuration’ errors in Virtual Machine Manager 2012 R2
を見ると、VMエクスポートの上、Hyper-V、VMM上から削除。VMMから新規作成時に、エクスポートしたVHDをマウントというかなりの荒療治。。。

Unsupported Cluster ConfigurationになっているVMが多くなってしまっており、これは困った。

2017年5月10日水曜日

Azure Marketplace SyndicationにLinuxが追加されてます!

SharePointとか、Windows Server 2016評価版が使えるようになったと聞いたので、自分も見てみました。
Azure Marketplace SyndicationでLinuxが追加されてます。

CentOS 6.8と7.3、Debian 8.0.2が使えます。

Deploy Linux virtual machines on Azure Stack の Download an image をみながら、自分自身でLinuxイメージを登録することは今後少なくなりそうですね!
その分、カスタムVMイメージを登録することになりますね。